名古屋市熱田区の佐橋司法書士事務所です。債務整理をはじめ相続手続きや会社設立などお悩みがございましたらお気軽にご相談ください。

名古屋市,債務整理,相続手続,会社設立,相談,佐橋司法書士事務所
電話番号: 052-654-1791

会社設立

会社法の施行は起業家支援の色合いがより濃密なものとなったと言えるでしょう。
最低資本金制度の廃止、機関設計の多様化等々はほんの一例に過ぎません。
当事務所はそんな起業家の方々を応援しています。
会社法を有効に運用して、お客様のニーズに十分お応えできる起業プランを提供することをお約束いたします。
そこで、金銭を出資金としたシンプルな株式会社の設立登記(発起設立)の手続きの流れをご紹介しましょう。

株式会社設立の流れ

打ち合わせ今後必要な種類、スケジュールの説明をします。
会社の概要の決定商号・本店・目的等会社の骨格を決めます。
類似商号の調査会社法は類似商号規制を撤廃しましたが、
争いごとを避けるため必要な作業です。
会社印の制作印鑑の制作を発注します。
印鑑証明書の取得発起人が定款認証に、取締役が登記申請に必要になります。
書類捺印当事務所作成の会社設立書類に捺印していただきます。
定款認証公証人役場で電子認証します。
※電子認証は収入印紙代4万円節約できます。
出資金払込み発起人の通帳に入金します。
金融機関の払込金保管証明書も利用できますが、時間の節約・費用という要素も考慮したほうが良いでしょう。
払込証明書の作成当該証明書を表紙にして通帳のコピーと合綴します。
法務局へ申請申請日が会社の設立日になります。
登記の完了