名古屋市熱田区の佐橋司法書士事務所です。債務整理をはじめ相続手続きや会社設立などお悩みがございましたらお気軽にご相談ください。

名古屋市,債務整理,相続手続,会社設立,相談,佐橋司法書士事務所
電話番号: 052-654-1791

相続登記

人が亡くなれば、その人の財産を誰かが引き継ぎます。
相続登記をするには、その「財産」と「誰か」を確定しなければなりません。
その作業にはおおまかに二つの方法があります。「遺産分割」と「遺言」です。
遺言は死者の遺志が綴られ、残された人に大きな影響を与えます。
ですので、遺言は財産を分けるのにある程度の道すじを見つけてくれるでしょう。
ここでは、遺言書がなかった場合のごく一般的な遺産分割による相続登記の手続きをご紹介しましょう。

相続登記の手続きの流れ

相続開始相続人の死亡
 
打ち合わせ必要な書類、今後のスケジュールを説明します。
 
相続人の確定被相続人の出生から死亡までの除籍謄本等により確認します
 
相続放棄・限定承認
家庭裁判所に申立します
相続放棄は被相続人の債務が財産を上回ったケースに多いでしょう。
限定承認の制度は現在あまり利用されていません
 
遺産分割遺産分割協議書に相続人全員の署名捺印が必要です
印鑑証明書も添付します
 
登記委任不動産の相続登記申請の委任状に署名捺印をいただきます
 
法務局へ申請協議書、委任状等を提出します
 
登記完了不動産の名義変更が完了します