名古屋市熱田区の佐橋司法書士事務所です。債務整理をはじめ相続手続きや会社設立などお悩みがございましたらお気軽にご相談ください。

名古屋市,債務整理,相続手続,会社設立,相談,佐橋司法書士事務所
電話番号: 052-654-1791

家賃滞納トラブル

家賃滞納と一口で言っても色々なケースが考えられます。たとえば、「単に家賃の支払を忘れていた」とか「病気等で家賃を払えない」とか「賃借人が音信不通」等様々なケースがあります。それは、それぞれ個別的に対処しなければなりません。とはいうものの、大家さんの悩みの種はなかなか尽きるものではありません。
そこで、長期家賃滞納(少なくとも3ヶ月以上)があり、賃借人がまだ入居しているケースで、最終的に強制的に退去してもらうまでの一般的な流れを紹介しましょう。

建物明渡の流れ

家賃滞納発生 
 
家賃支払の通知電話・手紙等で催促します。
 
内容証明郵便の発送家賃の支払い督促・支払期日・支払のない 場合は、契約解除等の内容のものです。 ※配達証明付で発送します。
 
賃貸借契約解除 
 
自主的退去
滞納した家賃の支払方法等の合意内容は公正証書にしましょう。
 
占有移転禁止の仮処分 第三者が部屋に入り込むおそれがある場合にします。
というのは、第三者には判決の効力が及ばないので強制執行できないからです。
 
建物明渡請求訴訟裁判が始まります。
 
確定判決 
 
和解
滞納家賃の支払方法等を合意します。
 
建物明渡強制執行賃借人を強制的に退去させます。
※和解が成立したあと内容が履行されない場合も可能です。